保険ニュースで不動産投資

保険ニュースで不動産投資

保険ニュース 不動産投資

 保険ニュース

 

不動産投資

 

保険ニュース 不動産出資を応用した財産形成

 

貴方の財産設計に不動産は入っていますか?

 

保険ニュースはお客さまの視点でトータルファイナンシャルプランニングサービスを用意します。

 

不動産出資をすれば生命保険が要らないになる要因

 

不動産出資が生命保険と同じような経済的保障を与えてくれるのは、不動産出資を

 

お考慮しの読者の方でしたら聞いた事があると考えます。

 

生涯最大限の買い付けとして上げられるのが、持ち家、保険、の2つです。

 

この2つを調整すると、生涯で6800万円ほどの入金となります。

 

不動産出資が生命保険代わりになるといわれるのは、何故?

 

一流企業生命保険企業の不動産出資が拡大している。

 

平成30年度の各社保有の不動産は4年ぶりに増加に転じた。

 

低利息による運用難が続く中、利子の確保や分散出資を立案するのが目的だ。

 

不動産出資を着手するには、買い物財源を提供する不可欠があります。

 

貸し出しをしてまで出資で財産を増やすという腹積もりに、中には抵抗を感じてしまう方もいるかもしれません。

 

実のところ、不動産出資と生命保険の経済的良いところは相当似ています。

 

生命保険よりも不動産出資の方が保障は手厚いと心積もりしています。

 

生命保険の種類について

 

生命保険は、大別すると大きく4つに区分られます。

 

「決まった保険」「養老保険」「終身保険」「年金保険」の4つです。

 

決まった保険は「掛け捨て保険」と呼ばれるもので、保険契約中に死亡したケースのみ

 

保険金が受け取れるものです。

 

保険法人としては、死亡した時のみ支払う事になるため、生命保険の中でもわりと掛金が

 

安い保険となります。

 

続いて養老保険とは、決まった保険に貯金の要素を組み込んだ保険です。

 

満期を迎えたときに、存命であれば一定額が返戻される保険です。

 

保険法人としては将来絶対払わなければならない保険となるので、掛金は高価になる時が多々あるです。

 

終身保険は、決まった保険と相違満期がないのです。

 

参加したら契約者が亡くなるまで保険が続きます。

 

今現在の生命保険の中でも最高好評のある保険タイプとなります。

 

予め保険料払込期間が設定されており、そこまで支払った後は保険料の決済がなく

 

保障が続くタイプが一般的となっています。

 

最後に年金保険です。

 

こちらは最上掛金が多額なタイプの保険になります。

 

保険料の払込み期間中に死亡したケースは身内が保険金を受け取り、払込み終了後に存命の事例は

 

契約者が決まった的に年金の足しとして保険金が受け取れる仕組みとなっています。

 

不動産出資が生命保険の代わりになる要素ここでお話しする不動産出資の目的は、

 

キャピタルゲイン(ショッピング時と売り渡し時の差額で利益を出す)ではなく、長期的な家賃収入からの

 

インカムゲインを目的とした事例の話になります。

 

多くの方は不動産出資をとりかかる場合に貸し出しを設ける事になると考えます。

 

そのときに参加するのが「団体信用生命保険(通称:団信)」です。

 

これは、クレジット契約者が死亡した事例や重度の障害を患ったときに、残債を肩代わりして

 

償還してくれる保険です。

 

アイテムによってはガンや一定の要ケア様子になったときにも保障してくれるものもあります。

 

この団信への参加によって生命保険と同じ経済的良い面を受けられるようになります。

 

なぜ生命保険よりも不動産出資の方がリーズナブルなのか

 

ここまで解説した中身で、不動産出資が生命保険と同じ役割を果たしてくれる事は

 

ご習得いただけたかと考えます。

 

ただ、なぜ不動産出資の方がリーズナブルなのかがまだ納得出来ないと考えます。

 

これからは、不動産出資がなぜ生命保険よりもリーズナブルなのか、その着目点をご解説します。

 

不動産出資なら支払う額が圧倒的に安い生命保険に参加した時、自然ですが月々保険料を

 

支払う事になります。

 

生命保険に支払う価格は公益財団法人生命保険文化センターのチェックによると、

 

男性で年間22.8万円、女子で年間17.4万円(個人年金保険含む)となっています。

 

不動産出資は「終身保険」と「年金保険」の双方に相当する

 

不動産出資が安上がりな極意2点目は、その保障の手厚さです。

 

不動産出資では、もしもの事が起こったケース、団信に入っていれば不動産を

 

身内に残してあげる事ができます。

 

これは生命保険で言うところの「終身保険」になります。

 

契約期間の定めがなく、死亡したときに世帯に保険金が一時金として支払われるタイプです。

 

不動産の相続については、終身保険と同じく契約期間はないため、所有者が死亡した場合に

 

不動産を相続する事ができます。

 

他にも、不動産を売り渡しすれば一時金と同じくまとまったお金が入ってきます。

 

しかも、もう一つ。

 

生命保険で言うところの「年金保険」の役割も不動産出資にはあります。

 

返金が終わった不動産をデフォルト継続して保有していれば家賃収入が月次決まった額入ってきます。

 

他にも、不動産が存続している限りこの家賃収入をどんどん受け取る事ができます。

 

「年金保険」で言うところのサポート期間が不動産を所有している期間と言う事になります。

 

不動産を売り渡しするか如何にかは相続された方次第なので、この期間は相続をされた方が

 

自身で決める事ができます。

 

推奨しているマンション出資で心積もりしたケース、マンションの耐用期間は60年〜70年もつと

 

言われていますが、年金保険の事例は、掛金が高価になるため俗に終身型よりも決まった型の

 

年金保険に参加する時が多々あると言う事もあり10年ほどしかバックアップ期間がないので、

 

不動産を持ち続けられる期間がバックアップ期間だと思い描くと、不動産出資の方が圧倒的に

 

長い事がわかるかと考えます。

 

公式サイト保険ニュース

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

株式会社保険ニュース

page top